社会保険労務士

【社労士試験】労働安全衛生法13(下請混在作業現場の安全衛生管理体制)

投稿日:2020年11月15日 更新日:


人気ブログランキング

 

このページでは、下請混在作業現場の安全衛生管理体制について、解説します。建設会社などでは、同一の場所で元請負人(元方事業者)と下請負人(関係請負人)の異なる事業者の労働者が混在して作業を行ないます。元方事業者と関係請負人が十分に連携を取れるように下請混在作業現場の安全衛生管理体制が取られています。

 

下請混在作業現場の安全衛生管理体制

元請負人(元方事業者)は統括安全衛生責任者を選任します。下請負人(関係請負人)はそれぞれ安全衛生責任者を選任し、元方事業者の統括安全衛生責任者と連絡・通報等の連携を取ります。

また、元方事業者協議組織を設置運営します。建設業の場合は、元方事業者元方安全衛生管理者を選任して、安全衛生責任者がそれを指揮します。

 

 

 

 

-社会保険労務士

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【社労士試験】労働安全衛生法21 (その他の関係者の講ずべき措置等)

人気ブログランキング 社会保険労務士(社労士)試験とは   このページでは、その他の関係者の講ずべき措置等について解説します。ここでは、その他の関係者の講ずべき措置等とは「注文者」、「機械等貸与者」、 …

【社労士試験】労働安全衛生法⑥ (安全管理者)

人気ブログランキング 社会保険労務士(社労士)試験とは   このページでは、安全管理者について解説します。安全管理者は、安全衛生業務のうち、安全に係る技術的事項を管理する実務者です。例えば、危険がある …

【社労士試験】労働安全衛生法②(適用の範囲等)

人気ブログランキング 社会保険労務士(社労士)試験とは   このページでは、「労働安全衛生法」の適用の範囲についてまとめました。「労働安全衛生法」は一部の適用除外を除いて、事業場を単位として、労働者を …

【社労士試験】労働安全衛生法11(作業主任者)

人気ブログランキング 社会保険労務士(社労士)試験とは   作業主任者とは、ボイラー取扱作業など31種類の定められている危険有害作業の指導等をする作業リーダーのことです。このページでは、作業主任者につ …

【社労士試験】労働安全衛生法12(委員会の設置)

人気ブログランキング 社会保険労務士(社労士)試験とは   労働安全衛法では、安全委員会及び衛生委員会の設置を義務付けています。このページでは、安全委員会及び衛生委員会の設置について解説します。   …