自動車保険(企業向け)

企業向け自動車保険の解説

投稿日:2020年5月5日 更新日:


保険ランキング

このページでは、企業向け自動車保険のご加入のポイントについて解説していきます。また、保険会社との交渉の仕方についても簡単に解説していきます。
なお、一般的には、企業向けの自動車保険とは、以下の加入の仕方の契約を言います。

契約者企業(法人名義)
記名被保険者企業(法人名義)
車両所有者企業(※車検証の使用者である場合も含みます)
※ローン契約・リース契約の場合には、車両所有者はローン会社やリース会社になります。

企業名義の契約(法人契約)にしておくことで、保険料を会社の必要経費として落とすことが可能になり、税制面でメリットがあります。

 

企業向け自動車保険の2つの契約タイプ

実は、自動車保険は所有・使用・管理する自動車の台数によって契約タイプが異なります。10台以上所有している場合はフリート契約、9台以下の場合はノンフリート契約となります。したがって、所有台数で決まっており、選択制ではありませんので注意が必要です。(自動車保険の場合、保険会社間で情報交換を行なっています)

タイプ名台数制度概要割引の算出単位年齢条件
割引
フリート10台以上契約者単位での
割引制度
契約者単位での
受取保険金と
支払保険料の割合
なし
ノンフリート9台以下自動車単位での
等級制度
自動車単位での
事故件数
あり
※フリート契約とノンフリート契約の一般的な比較です。

フリート契約は、契約者単位、つまり全車両共通で同一の割引が適用されます。また、この割引率は受け取った保険金の金額と支払った保険料の割合で決定されます。一方、ノンフリート契約は、個人の自動車保険と同様、自動車1台単位で等級(割引)が決定されます。また、この等級(割引率)は前年の等級と事故の件数で決まります。

したがって、フリート契約とノンフリート契約で、どっちが有利か不利かは言い切れません。例えば、前年に1件の事故が起こしてしまったケースにおいて、その事故が小さい事故であろうと大きな事故であろうとも、ノンフリート契約であれば、該当の事故を起こした車両の等級は下がります。一方、フリート契約であれば、小さい事故であれば前年と同率の割引を適用できることもありますし、大きな事故であれば、全ての車両の割引率が下がる可能性もあります。(フリート契約の場合、割引は契約者単位であるため)

 

オススメの補償内容

補償項目オススメの
補償金額
備考
対人賠償無制限複数名が被害者となるような事故の発生を
考慮すると金額を定めるの難しいです。
対物賠償無制限高額な商品を所有する店舗や自動車への衝突を
考慮すると無制限が無難です。
人身傷害5,000万円以上従業員のみが乗車される場合は労災保険から
の受取もあります。取引先の方を乗せる可能
性がある場合は注意が必要です。
搭乗者傷害不要人身傷害保険とほぼ同様の補償内容。過去は
すぐに受け取れる利点があったが、現在人身
傷害保険も一部先払が可能になり、必要性は
低くなっています。
車両時価額
(市場価格)
補償を付帯可否はあくまでも予算との相談。
※あくまでも一般的な事例です。自動車の使用頻度や業種によって異なります。

 

企業向け自動車保険のお得な契約方法

フリート契約(10台以上所有)とノンフリート契約(9台以下所有)では制度が異なりますので、別々に説明していきます。

①フリート契約の場合
 実は、フリート契約の場合、特殊な特約・割引を保険会社毎に持っています。
 特殊な割引とは主に以下のものです。

特約内容
運転者従業員限定特約従業員が運転しているときのみに補償を限定する
特約。
電磁通知特約変更や事故の際にメールなどにより通知をすることを
約束することで、保険料を割引する特約。
担当者限定特約企業の保険担当者を特定することによって、保険
会社の手間省略することを根拠に割引する特約。
事故防止策策定特約事故防止策を策定することで、事故が減ることを
前提に保険料を割引する特約。ドラレコの付帯を
条件にした特約もあります。
※特約名や内容は保険会社毎に異なります。

 保険会社がこのような特約を使うには、社内での稟議が必要であるため、他の
 保険会社との競合などがない限り、適用していません。そういった意味で、定
 期的に相見積もりを取ることが重要です。

②ノンフリート保険
 ノンフリート契約では、フリート契約と異なり、特殊な割引というものはほと
 んどありません。なお、以下のような割引が条件を満たせば使えます。

割引内容
ノンフリート多数割引一緒に契約する台数に応じて割引が適用されます。
年齢条件割引運転者の年齢を限定することで割引が適用されます。
保険会社毎に限定される年齢は異なります。若年層
が運転する自動車を限定して、それ以外の自動車に
この特約を付帯する有効です。
新車割引新車に適用される割引です。

 

まとめ

自動車保険に限った話ではありませんが、保険の見直しを定期的に行なうことは重要です。保険は日々開発されており、新しい補償が増えています。また、貴社の皆さまも新たなビジネスに進出して、新たなリスクを抱えているはずです。そのリスクに見合った保険に加入されているかの確認も必要です。

また、時には、今加入されている保険会社や代理店からの意見ではなく、他の業者の意見聞いたり、見積もりを取ったりしないと気づかない落とし穴があります。今一度、保険の内容の確認をしてみてはいかがでしょうか。最近では、ネットで見積もりをしてもらえるサービスもありますので、そちらも使って見積もりを取って、代理店や保険会社と交渉するネタにしても良いと思います。

参考までに、ネットで自動車保険に入れるサイトを載せておきます。

-自動車保険(企業向け)

執筆者:


  1. vardenafil buy より:

    A lot of thanks for all your efforts on this site. Gloria enjoys engaging in investigation and it’s easy to understand why. Almost all know all concerning the dynamic means you deliver great items on the web blog and as well encourage contribution from other people on that concern plus our daughter is actually being taught a lot. Have fun with the remaining portion of the new year. You’re the one conducting a glorious job.

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

テレマティクス保険とは?メリットは?

現代様々なものがインターネットが繋がり(「IoT(Internet of Things)」と呼ばれている)、世の中いろんな意味で便利になっています。 自動車に関しても、通信機能を備えた機器を搭載して、 …

「フリート契約」と「ノンフリート契約」の契約の違いは?

自動車保険には「フリート契約」と「ノンフリート契約」の2種類があります。 「フリート契約」とは、自動車の所有台数が10台以上の場合の自動車保険の契約方式です。一方、自動車の所有台数が9台以下のときの自 …