実践知識(Knowledge)

Knowledge(実践知識)39 ゴム

投稿日:2020年10月3日 更新日:


人気ブログランキング

日経TESTの5つの評価軸の1つのKnowledge(実践知識)では、ビジネスパーソンが課題解決のために必要な実践的な知識が身についてるかどうかを測る評価軸です。この評価軸でよく出題されるのが、「ゴム」です。このページでは「ゴム」についてよく出題される部分について解説していきます。

日経TESTに関しては、以下のリンク先をご確認ください。

ゴムの生産

天然ゴム (NR) はゴムノキの樹液に含まれる cis-ポリイソプレン [(C5H8)n] を主成分とする物質であり、生体内での付加重合で生成したものです。樹液中では水溶液に有機成分が分散したラテックスとして存在し、これを集めて精製し凝固乾燥させたものを生ゴムと言います。生ゴムも弾性材料として消しゴムなどに使われるが、硫黄による加硫により架橋させると広い温度範囲で軟化しにくい弾性材料となる。この加硫法による弾性改良はチャールズ・グッドイヤーにより発見されました。硫黄の他に炭素粉末を加えて加硫すると特性が非常に改善され、その含有量によって硬さが変化します。多くの硬質ゴム製品はこの炭素のために黒色をしています。

なお、イソプレンを化学的に重合させたポリイソプレンは合成ゴムの一種であるが、天然ゴムのポリイソプレンとはいくらかの構造的違いがあります。まず合成ポリイソプレンでは現在のところ100%シス体を得ることはできず、少量のトランス体が含まれています。また天然ゴムはポリイソプレンの他に微量のタンパク質や脂肪酸を含むが、合成ポリイソプレンにはそのような不純物はありません。

天然ゴムは殆どシス型のポリイソプレンから出来ているが、その一方トランス型のポリイソプレンから出来ているものをガタパーチャまたはグッタペルカと言います。ガタパーチャは東南アジアに野生するアカテツ科の常緑高木グッタペルカノキ (palaquium gutta) などのラテックスから作られる天然樹脂の一つであり、天然ゴム、ガタパーチャ双方ともポリイソプレンから出来ているが、天然ゴムは高い弾性限界を示し、グッタペルカは示していません。この弾性限界の違いは幾何異性体の性質によるものである。即ち、シス型のポリイソプレンは分子鎖が折れ曲がった構造をとって不規則な形を取りやすく、分子鎖と分子鎖の間に多くの隙間を生じ分子間力が比較的小さくなる為、分子同士の結晶化が起こらず軟らかな性質を持つようになるが、それに対してトランス型のポリイソプレンは分子鎖が直線構造をとりやすく、分子鎖と分子鎖の距離が近くなる為、分子間力が強く作用し分子間で微結晶化を引き起こし、硬い樹脂状の物質となります。

但し、シス型であることは弾性限界の増大の十分条件ではない。ポリイソプレンにおいては側鎖であるメチル基の影響もあり高い弾性限界を持つのはシス型であるが、例えばクロロプレインゴムはトランス型であるが高い弾性限界を有します。

天然ゴムに含まれる微量のタンパク質や脂肪酸はポリイソプレン鎖の末端に結合していると考えられている。このタンパク質はアレルゲンとなることがあります。

天然ゴムの生産量

天然ゴムの生産は全世界合計で13152千トンです。1位はタイ🇹🇭 です。なお、1990年当時は5335千トン、1位はタイ🇹🇭 でした。日本ではほとんど生産がありません。

国名1990年2016年
🇹🇭 タイ1418千トン(26.6%)4477千トン(34.0%)
🇮🇩 インドネシア1275千トン(23.9%)3158千トン(24.0%)
🇻🇳 ベトナム58千トン(1.1%)1035千トン(7.9%)
🇮🇳 インド297千トン(5.6%)953千トン(7.2%)
🇨🇳 中国264千トン(4.9%)811千トン(6.2%)

出典:FAOSTAT 1990年,2016年

天然ゴムの輸出量

天然ゴムの輸出は全世界合計で9205千トンです。1位はタイ🇹🇭 です。なお、1990年当時は4064千トン、1位はマレーシア🇲🇾 でした。日本は0.2千トンです。

国名1990年2016年
🇹🇭 タイ1133千トン(27.9%)3601千トン(39.1%)
🇮🇩 インドネシア1084千トン(26.7%)2579千トン(28.0%)
🇻🇳 ベトナム76千トン(1.9%)687千トン(7.6%)
🇲🇾 マレーシア1322千トン(32.5%)642千トン(7.0%)
🇨🇮 コートジボワール68千トン(1.7%)500千トン(5.4%)

出典:FAOSTAT 1990年,2016年

天然ゴムの輸入量

天然ゴムの輸入は全世界合計で8982千トンです。1位は中国🇨🇳 です。なお、1990年当時は4282千トン、1位はアメリカ合衆国🇺🇸 でした。

国名1990年2016年
🇨🇳 中国340千トン(7.9%)2505千トン(27.9%)
🇺🇸 アメリカ合衆国840千トン(19.6%)946千トン(10.5%)
🇲🇾 マレーシア136千トン(3.2%)930千トン(10.4%)
🇯🇵 日本666千トン(15.6%)663千トン(7.4%)
🇮🇳 インド52千トン(1.2%)453千トン(5.0%)

出典:FAOSTAT 1990年,2016年

  

  

合成ゴムの生産量

合成ゴムの生産は全世界合計で15058千トンです。1位は中国🇨🇳 です。なお、1990年当時は9910千トン、1位はアメリカ合衆国🇺🇸 でした。

国名1990年2017年
🇨🇳 中国316千トン(3.2%)2994千トン(19.9%)
🇺🇸 アメリカ合衆国2115千トン(21.3%)2319千トン(15.4%)
🇯🇵 日本1426千トン(14.4%)1623千トン(10.8%)
🇰🇷 韓国227千トン(2.3%)1582千トン(10.5%)
🇷🇺 ロシア1536千トン(10.2%)

出典:FAOSTAT 1990年,2016年

 

-実践知識(Knowledge)

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

Knowledge(実践知識)52 日本の人口

人気ブログランキング 日経TESTの5つの評価軸の1つのKnowledge(実践知識)では、ビジネスパーソンが課題解決のために必要な実践的な知識が身についてるかどうかを測る評価軸です。この評価軸でよく …

Knowledge(実践知識)38 ビールの生産量

人気ブログランキング 日経TESTの5つの評価軸の1つのKnowledge(実践知識)では、ビジネスパーソンが課題解決のために必要な実践的な知識が身についてるかどうかを測る評価軸です。この評価軸でよく …

Knowledge(実践知識)14 発電エネルギー(再生可能エネルギー/原子力発電)

人気ブログランキング 日経TESTの5つの評価軸の1つのKnowledge(実践知識)では、ビジネスパーソンが課題解決のために必要な実践的な知識が身についてるかどうかを測る評価軸です。この評価軸でよく …

Knowledge(実践知識)63 地銀再編(合併特例法)

人気ブログランキング 日経TESTの5つの評価軸の1つのKnowledge(実践知識)では、ビジネスパーソンが課題解決のために必要な実践的な知識が身についてるかどうかを測る評価軸です。この評価軸でよく …

Knowledge(実践知識)26 農産物(羊・羊毛)

日経TESTの5つの評価軸の1つのKnowledge(実践知識)では、ビジネスパーソンが課題解決のために必要な実践的な知識が身についてるかどうかを測る評価軸です。この評価軸でよく出題されるのが、「農産 …