実践知識(Knowledge)

Knowledge(実践知識)13 気候変動と都市気候(ヒートアイランド現象/クールアイランド現象)

投稿日:2020年9月5日 更新日:

日経TESTの5つの評価軸の1つのKnowledge(実践知識)では、ビジネスパーソンが課題解決のために必要な実践的な知識が身についてるかどうかを測る評価軸です。この評価軸でよく出題されるのが、「気候変動」です。このページでは「気候変動」についてよく出題される部分について解説していきます。

日経TESTに関しては、以下のリンク先をご確認ください。

 

長期的な気候変動

長期的な気候変動は、海底堆積物に含まれる酸素の同位体(同じ元素でも中性子の数が異なる原子のこと)の変化を調べることにより、捉えることができます。

第四紀と呼ばれる過去260万年の間は、氷河が拡大した時期である氷期と縮小した時期の間氷期が交互におとづれていた。

都市気候

人口が集中する都市部では、建物の密集や人工排熱の増大などによる局地的で特殊な気候を「都市気候」と呼びます。

ヒートアイランド現象

人口の集中や建物のコンクリート化などが要因となって、都市域が高温化する現象を言います。等温線が都市を丸く囲んで島のような形になることから、その名前がつきました。

クールアイランド現象

都市の中にある公園や緑地は、建物が密集する市街地よりも気温が数℃低温になることを言います。風の弱い晴天の日に気温差が大きくなる傾向があります。

局地的大雨(ゲリラ豪雨)

狭い地域で短時間に驚異的な量の雨が降ることを言います。都市部で発生する局所的豪雨は、ヒートアイランド現象などによる熱の上昇によって形成された積乱雲が一因であると言われています。

都市型水害

地面の多くがアスファルトで固められた都市部では、川の増量が早いほか、下水道の処理能力をこえた水が溢れ出しれ発生する都市特有の水害を言います。

線状降水帯

激しい雨を降らせる積乱雲が連続して発生し線状に並び、同じ場所に停滞するものは大きな災害に結びつく集中豪雨を発生させるものを言います。

-実践知識(Knowledge)

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

Knowledge(実践知識)29 農産物(コーヒー)

日経TESTの5つの評価軸の1つのKnowledge(実践知識)では、ビジネスパーソンが課題解決のために必要な実践的な知識が身についてるかどうかを測る評価軸です。この評価軸でよく出題されるのが、「農産 …

Knowledge(実践知識)14 発電エネルギー(再生可能エネルギー/原子力発電)

人気ブログランキング 日経TESTの5つの評価軸の1つのKnowledge(実践知識)では、ビジネスパーソンが課題解決のために必要な実践的な知識が身についてるかどうかを測る評価軸です。この評価軸でよく …

Knowledge(実践知識)42 水産物

人気ブログランキング 日経TESTの5つの評価軸の1つのKnowledge(実践知識)では、ビジネスパーソンが課題解決のために必要な実践的な知識が身についてるかどうかを測る評価軸です。この評価軸でよく …

Knowledge(実践知識)57 年金2割減少の誤解(嘘・ホント・真実は?)

人気ブログランキング 日経TESTの5つの評価軸の1つのKnowledge(実践知識)では、ビジネスパーソンが課題解決のために必要な実践的な知識が身についてるかどうかを測る評価軸です。この評価軸でよく …

Knowledge(実践知識)21 農産物(トウモロコシ)

日経TESTの5つの評価軸の1つのKnowledge(実践知識)では、ビジネスパーソンが課題解決のために必要な実践的な知識が身についてるかどうかを測る評価軸です。この評価軸でよく出題されるのが、「農産 …