実践知識(Knowledge)

Knowledge(実践知識)29 農産物(コーヒー)

投稿日:2020年9月23日 更新日:

日経TESTの5つの評価軸の1つのKnowledge(実践知識)では、ビジネスパーソンが課題解決のために必要な実践的な知識が身についてるかどうかを測る評価軸です。この評価軸でよく出題されるのが、「農産物(コーヒー)」です。このページでは「農産物(コーヒー)」についてよく出題される部分について解説していきます。

日経TESTに関しては、以下のリンク先をご確認ください。

コーヒーの生産

コーヒー豆の生産量

コーヒー豆の生産国1位ブラジル、2位ベトナム、3位コロムビア、4位インドネシアまでは変動は少ないのですが、5位以降は入れ替えが毎年のように起こってます。

出典:松浜珈琲焙煎所ホームページ(https://www.ashiya-coffee.com/

コーヒー豆の生産は全世界合計で9222千トンです。1位はブラジルです。なお、1990年当時は6063千トン、1位はブラジルでした。日本ではほとんど生産がありません。

国名1990年2016年
🇧🇷 ブラジル1465千トン(24.1%)3019千トン(32.7%)
🇻🇳 ベトナム92千トン(1.5%)1461千トン(15.8%)
🇨🇴 コロンビア845千トン(13.9%)745千トン(8.1%)
🇮🇩 インドネシア413千トン(6.8%)639千トン(6.9%)
🇪🇹 エチオピア204千トン(3.4%)469千トン(5.1%)

出典:FAOSTAT 1990年,2016年

コーヒー豆の輸出量

コーヒー豆(生豆と炒豆の合算値)の輸出は全世界合計で8376千トンです。1位はブラジルです。なお、1990年当時は5043千トン、1位はブラジルでした。日本の輸出量は2千トンです。

国名1990年2016年
🇧🇷 ブラジル853千トン(16.9%)1826千トン(21.8%)
🇻🇳 ベトナム90千トン(1.8%)1428千トン(17.0%)
🇨🇴 コロンビア811千トン(16.1%)740千トン(8.8%)
🇩🇪 ドイツ141千トン(2.8%)551千トン(6.6%)
🇮🇩 インドネシア422千トン(8.4%)415千トン(5.0%)

出典:FAOSTAT 1990年,2016年

コーヒー豆の輸入量

コーヒー豆(生豆と炒豆の合算値)の輸入は全世界合計で8478千トンです。1位はアメリカ合衆国です。なお、1990年当時は4884千トン、1位はアメリカ合衆国でした。日本の輸入量は443千トン(4位)です。

国名1990年2016年
🇺🇸 アメリカ合衆国1186千トン(24.3%)1603千トン(18.9%)
🇩🇪 ドイツ835千トン(17.1%)1219千トン(14.4%)
🇮🇹 イタリア307千トン(6.3%)597千トン(7.0%)
🇯🇵 日本294千トン(6.0%)443千トン(5.2%)
🇫🇷 フランス349千トン(7.1%)343千トン(4.0%)

出典:FAOSTAT 1990年,2016年

-実践知識(Knowledge)

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

Knowledge(実践知識)32 農産物(落花生)

日経TESTの5つの評価軸の1つのKnowledge(実践知識)では、ビジネスパーソンが課題解決のために必要な実践的な知識が身についてるかどうかを測る評価軸です。この評価軸でよく出題されるのが、「農産 …

Knowledge(実践知識)19 農産物(米・コメ)

人気ブログランキング 日経TESTの5つの評価軸の1つのKnowledge(実践知識)では、ビジネスパーソンが課題解決のために必要な実践的な知識が身についてるかどうかを測る評価軸です。この評価軸でよく …

Knowledge(実践知識)49 ウラン

人気ブログランキング 日経TESTの5つの評価軸の1つのKnowledge(実践知識)では、ビジネスパーソンが課題解決のために必要な実践的な知識が身についてるかどうかを測る評価軸です。この評価軸でよく …

Knowledge(実践知識)③ 欧州経済

人気ブログランキング 日経TESTの5つの評価軸の1つのKnowledge(実践知識)では、ビジネスパーソンが課題解決のために必要な実践的な知識が身についてるかどうかを測る評価軸です。この評価軸でよく …

Knowledge(実践知識)15 証券取引市場(マザーズ/ジャスダック)

人気ブログランキング 日経TESTの5つの評価軸の1つのKnowledge(実践知識)では、ビジネスパーソンが課題解決のために必要な実践的な知識が身についてるかどうかを測る評価軸です。この評価軸でよく …