社会保険労務士

【社労士試験】労働安全衛生法20 (特定元方事業者等の義務)

投稿日:2020年11月22日 更新日:


人気ブログランキング

 

このページでは、特定元方事業者等の義務について解説します。特定元方事業者及び製造業の元方事業者は、その労働者及び関係請負人の労働者の作業が同一の場合において行われることによって生ずる労働災害を防止するために、措置を講じる義務があります。

 

特定元方事業者の講ずべき措置等

特定元方事業者の講ずべき措置等(第30条)

(法20条)特定元方事業者は、その労働者及び関係請負人の労働者の作業が同一の場所において行われることによつて生ずる労働災害を防止するため、次の事項に関する必要な措置を講じなければならない
一 協議組織の設置及び運営を行うこと。
二 作業間の連絡及び調整を行うこと。
三 作業場所を巡視すること。
四 関係請負人が行う労働者の安全又は衛生のための教育に対する指導及び援助を行うこと。
五 仕事を行う場所が仕事ごとに異なることを常態とする業種で、厚生労働省令で定めるものに属する事業を行う特定元方事業者にあつては、仕事の工程に関する計画及び作業場所における機械、設備等の配置に関する計画を作成するとともに、当該機械、設備等を使用する作業に関し関係請負人がこの法律又はこれに基づく命令の規定に基づき講ずべき措置についての指導を行うこと。
六 前各号に掲げるもののほか、当該労働災害を防止するため必要な事項
2 特定事業の仕事の発注者(注文者のうち、その仕事を他の者から請け負わないで注文している者をいう。以下同じ。)で、特定元方事業者以外のものは、一の場所において行なわれる特定事業の仕事を二以上の請負人に請け負わせている場合において、当該場所において当該仕事に係る二以上の請負人の労働者が作業を行なうときは、厚生労働省令で定めるところにより、請負人で当該仕事を自ら行なう事業者であるもののうちから、前項に規定する措置を講ずべき者として一人を指名しなければならない。一の場所において行なわれる特定事業の仕事の全部を請け負つた者で、特定元方事業者以外のもののうち、当該仕事を二以上の請負人に請け負わせている者についても、同様とする。

 

(参考)

特定元方事業者とは、建設業又は造船業の元方事業者
特定元方事業者とは、特定元方事業者及び製造業の元方事業者

つまり、規制の厳しい度合いは業種別に言うと、建設業、造船業、製造業、その他の業種の順に厳しいと言うことです。

 

特定元方事業者の講ずべき特別規則

次の①〜③は、通常の元方事業者についても講ずべき措置です。

①クレーン等(つり上げ荷重0.5以上)の運転についての合図を統一的に定め、関係請負人に周知させる(則639)
②有機溶剤等の容器の集積箇所を統一的に定め、関係請負人に周知させる(則641)
③上記のほか、事故現場等の標識、警報の統一的に定め、関係請負人に周知させる(則640,642)

 

 

 

-社会保険労務士

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【社労士試験】労働安全衛生法11(作業主任者)

人気ブログランキング 社会保険労務士(社労士)試験とは   作業主任者とは、ボイラー取扱作業など31種類の定められている危険有害作業の指導等をする作業リーダーのことです。このページでは、作業主任者につ …

【社労士試験】社会保険労務士(社労士)試験とは

人気ブログランキング このページでは、社会保険労務士(社労士)とは何か、その試験とはどのような内容かについて解説していきます。   社会保険労務士(社労士)とは 社会保険労務士(社労士)は「国家資格」 …

【社労士試験】労働安全衛生法17 (店社安全衛生管理者)

人気ブログランキング 社会保険労務士(社労士)試験とは   このページでは、店社安全衛生管理者について解説します。統括安全衛生責任者の選任義務のない中小規模の建設現場においては労働災害が多発するおそれ …

【社労士試験】労働安全衛生法23(特定機械等以外の機械等に関する規制①)

人気ブログランキング 社会保険労務士(社労士)試験とは   このページでは、特定機械等以外の機械等の規制について解説します。「譲渡等の制限」、「局所防護措置等」などの規制があります。また、所定の規格等 …

【社労士試験】労働安全衛生法27(危険物及び有害物に関する規制【新規化学物質の有害性の調査等】)

人気ブログランキング 社会保険労務士(社労士)試験とは   化学物質に関して、有害性が判明した後に対処するだけでなく、❶新規化学物質について、製造・輸入の段階で簡易な有害性の調査を事業者に義務付け、❷ …